WIN – WIN の関係を
構築できる
ルール作りの支援を致します

労働関連法令にかかる広い専門知識と、
企業の労務管理の実態を熟知した経験値があります。
会社が成長し次のステージへとステップアップするための戦略的ツールとして
ルール作りをご支援致します。

就業規則とは、労働者が会社で働く上で守らなければならない規律や、労働時間、賃金などの労働条件を具体的に定めた規則です。
会社は、就業規則を定めることで、事業場内の秩序を維持し、効率的に企業活動を行っていくことができます。また、労働者にとっては労働条件が具体的に明示され、働くルールが「見える」ことで、安心して、業務に集中することができます。
さらに、労使双方の権利と義務が明確になり、無用な労使トラブルを最小限に抑えることができます。

よつば社会保険労務士事務所では、労働関連法令にかかる広い専門知識と、企業の労務管理の実態を熟知した経験値を活かし、問題社員から会社を守るというリスク回避だけに主眼を置くのではなく、就業規則を会社が成長し次のステージへとステップアップするための戦略的ツールと位置づけ、労使がお互いにWin-Winの関係を構築できるルール作りのご支援を致します。

01

労務のプロとしてのコンサル実績によりさまざまな事例を蓄積

種々の労務相談、労務トラブルの事例を基に、考えられるケースを想定したよつば社会保険労務士事務所の就業規則に基づき、
1社 1社の会社の実情に即した就業規則の作成をご提案します。

02

社内定着にも対応

社員説明会やハンドブック作成、管理職向け労務管理研修など、作成後の社内定着の取り組みもご支援が可能です。
その他、取締役会でのご説明などにも対応致します。

就業規則作成・改訂の流れ

01現状ヒアリング
課題を洗い出し、何のために就業規則を作成(改訂)するか明確にします。
02お見積り
03ご契約
04初回打ち合わせ
経営理念・人事方針等のヒアリングを行います。
05打ち合わせ
たたき台をもとに、実態を確認しながら、内容を確定していきます。
必要に応じて、取締役会でのご説明等に対応致します。
06納品
07従業員説明会
内容をわかりやすくご説明致します。
08行政への手続き
就業規則(必要に応じ労使協定)を労働基準監督署へ届け出ます。