経営方針・人事方針・
世間相場・法的要件・運用
策定後の定着支援も行います

人と労働諸法令の専門家である社会保険労務士が、
経営方針や人事方針、世間相場、法的要件、運用面などを幅広く勘案して現状分析・制度構築し、
加えて制度定着のための評価者研修などの定着支援も行います。

よつばの人事制度策定支援の特徴

01

裏づけのある理論および指導実践例をもとに、
組織の方向性・組織風土を捉え、最適な制度を
構築致します。

02

一方的な指導ではなく、
現場のニーズを取り入れ柔軟に対応致します。

03

法的な視点から新制度の有効性を検証し、
経過措置・労使交渉についても支援致します。

04

制度策定後の定着支援も行います。

人事制度の全体像

人事制度は等級制度、評価制度、賃金制度の3つから構成されます。
特に賃金制度は、世間水準と比較して後れを取らない一方で、
企業経営を圧迫しない程度であることなどの要件をクリアする必要があります。
また、法的な視点から検証していく必要もあり、総合的な制度設計が求められます。

等級制度

賃金制度

評価制度

等級ごとの役割で
報酬が決定

評価結果で
賞与や昇給が決定

評価結果により
等級が決定

① 等級制度

社員を「能力」「職務」「役割」などによって序列化する、人事制度の骨格ともいえる制度です。
人材の序列や責任、権限などもこの制度によって定められた等級が根拠となって決まります。
何を基準に等級を定めるかには、その企業の人材観が反映され、組織デザインや企業風土にも大きな影響力を持ちます。

② 賃金制度

給与や賞与といった報酬の仕組みです。一般的に給与は等級ごとに一定のレンジ(上限と下限)が定められており、
評価によってそのレンジ内での昇給や賞与などが決まるシステムになっていることが多くなっています。
また、退職金制度や福利厚生などもこの報酬制度の一部に含めて考えられます。

③ 評価制度

一定期間の社員の行動や成果を評価する仕組みを定めた制度です。
何を評価するか(評価項目)、どう評価するか(評価基準)を明示することで、社員の行動を方向づけます。
評価の結果は等級や報酬に反映されると同時に、等級が変わることで評価の項目や基準も変化します。

人事制度策定の流れ

01現状のヒアリングと
方向性の確認
現在運用されている資料を提出していただき、今後の方向性を確認します。
02人事制度の全体像構築
人事制度の全体像を構築。人事サイクル、ES向上を考えたキャリアアップコースなどを作成します。
03賃金テーブル各種手当検討
等級基準などを確認のうえ、賃金体系を構築し、賃金表を作成します。
04評価方法の構築
人事考課シートをはじめとした具体的評価方法と手順を構築し、
その制度浸透策も検討します。
05新制度のマニュアル作成説明会
新賃金・評価制度を仮運用するためのマニュアル類を作成。
必要に応じて社員・評価者説明会を実施します。
06新制度の仮運用
実際に運用を開始。
修正点などをチェックしながら仮運用を実施します。
制度浸透のためのワークショップや評価者研修の実施します。
07本格運用段階へ