スタッフインタビューSTAFF

ISHIKAWA MIFUMI
石川 みふみ

「よつば社会保険労務士事務所」に入職するまでの経緯を教えてください。

私は、前職では中小企業経営者向けのサービスの営業としてある会社に勤務していました。
営業として日々活動している中、企業の「ひと」の問題がいかに大きいかを実感することができまして、そこから社労士を目指しだしました。
そして資格取得が叶えば社労士事務所で経験を積みたいと考えるようになりまして、前職での取引のあった現所長の山中から声掛けを頂いたことがきっかけです。

「よつば社会保険労務士事務所」に入職を決意した「決め手」は何でしたか?

所長の山中と話していて感じたのは、よつば社会保険労務士事務所は、手に職(専門職)への経験が『自由な環境』で積めるということがとても印象的でした。
社労士試験の勉強内容を、実務に活かすことが、とても近道であると思えたことが決め手でした。
それに、所長の山中も2児の母であり、事務所自体が家庭との両立を応援してくれる環境であったことが魅力と感じました。

実際に仕事をし始めて戸惑ったこと、大変だったことなどありましたか?

当時まだよつば社労士事務所も開業2年目で所長山中と二人きりだったこともあり、業務が多様だったことです。まさに、何でも自分でやる!という環境でした。
とにかく頭も体も忙しい毎日でしたが、しかし、そのおかげで前職で経験した「営業」という面でも、社労士としての実務の面も、組織運営というマネージメントの面でも、学ぶことができ、スキルアップのスピードが一気に加速しました。

仕事をする上で意識していることはなんですか?

何よりも「誠意」を意識し大切にしています。そして、常に今の自分のベストを尽くすことです。
そして、いつも謙虚に親しみやすいながらも、専門家としてクオリティの高い回答ができる、ギャップある良いキャラクターであることも意識しています。
頭を使い『考える』ことに対価をもらっているという意識で常に工夫を加えるようにしています。

社労士という仕事の面白さはどんなところ?

法律家でありながら、白黒付かず勝敗付かない『ひと』にフォーカスした仕事であること。
また、業務の範囲が広いため、何でもできて、チャンスが多く学びが多いところです。

今後取り組みたい事や目指したい事を教えてください。

正な利潤が取れる仕事。自らの価値を高め疲弊せず働きたい。
他の社労士ができないテーマの深追いができるように、どちらかと言えば『狭く深く』の専門性を極めたプロフェッショナルになりたいと思っています。
そして今後の日本における社労士の社会的地位向上に貢献できる社労士でありたいです。
よつば社労士事務所に「労働は苦役ではない」と考え、やりがい・楽しみをもって仕事ができる人を一人でも多く増やしたいと思います。

さいごに、休日はどのように過ごしていますか?

ピラティス、スポーツ観戦、映画鑑賞などなど、仕事も少々といったところです。

未来のメンバーへのメッセージ

よつば事務所では、社員一人ひとりが与えられた役割を果たそうと、プロフェッショナルとして成長しようと日々奮闘しています。 職業を通じて自らの可能性を高め、理想を実現しようと行動できるエネルギーで溢れた方、一緒に『エキサイティングな』毎日を送りましょう!

INOUE SHOU
井上 翔

「よつば社会保険労務士事務所」に入職するまでの経緯を教えてください。

大学卒業以来ずっと営業の仕事をしてきました。これまでの経験を活かしながらも、より専門性を高めた仕事がしたいと考えました。その時に出会ったのがよつば社会保険労務士事務所です。

「よつば社会保険労務士事務所」に入職を決意した「決め手」は何でしたか?

社会保険労務士事務所に就職しようと思っていましたので、実際に複数の事務所に赴き、有難いことに複数声もかけていただきました。その中で、より丁寧なキャリアイメージのヒアリングをし、チャレンジしてみたらと後押ししてくださったことが決め手になりましたね。また、まだ子供が小さいので仕事に注力しながらもプライベートも大事にすることを応援してくれる環境だったことも大きかったです。

実際に仕事をし始めて戸惑ったこと、大変だったことはありますか?

お客様と接し始めると、すぐに専門家としての回答が求められます。知識を吸収しすぐにアウトプットしなければいけないこともあり、スピードが求められるために、難しいと感じることがありました。でも、所内と外部のリソースを使ってどのように仕事をすすめるかを丁寧に指導してもらっているので、頑張れています。
また、今年度からは、社内ルールの整備と社内システムの導入・運用見直しを合わせて行う新サービス立ち上げに主で携わっています。所内に業務プロセスがなく、何でも一からの仕事で大変の連続でしたが(笑)、対外的な動き方や業務プロセス構築についても絶えず相談しながら進められたことで、軌道にのり、多数のお客様からお問い合わせをいただけるサービスになってきたのがとても嬉しいです。

仕事をする上で意識していることは何ですか?

労務相談の中で法律や通達など、はっきりと答えられるものと、判断が分かれるものがあり、その点をわかりやすく話し、こちらの考えを伝えたいと思って日々勉強しています。

仕事の面白さはどんなところ?

業務範囲は人事組織全般と広い中で、自分の専門性を見つけていけることですね。
また、法改正に対応して新しいニーズが生まれることも魅力的だと思っています。

事務所の強み、ここがすごいと思うところは?

社労士事務所でイメージする、手続き・給与・助成金以外のコンサルティング部分が強いことだと思います。現在は、労働時間削減が求められるなかで、労働時間改善の取り組みも顧問先に提供しています。

社風・企業文化と言われて思うところは?

仕事と家庭の両立ができる社風です。また、新しい取り組みにもとても積極的です。

今後、取り組みたいこと、目指すポジションを教えてください。

社会保険労務士の資格取得、上場申請に伴う労務監査など、専門性を高め、もっともっとお客様のお役に立てるようになりたいです。

未来のメンバーへのメッセージ

自分から積極的に動いていけば、様々な業務に携わることができるチャンスがある事務所です。女性の方が多いこともあり、優しい雰囲気の事務所です。

YAMANAKA AKIKO
山中 晶子

仕事もプライベートも全力で突っ走り
スタッフ全員で幸せになれる、事務所経営を目指す

社会保険労務士になることになったきっかけは何ですか?

大学で、労働法のゼミに在籍したことをきっかけに、新卒採用頂いた会社で人事部配属となりました。その後、実家に戻り、父親の経営する会社で人事の仕事をすることになりました。 社会保険労務士の資格取得を目指したのは、その仕事を何か形に残しておきたいと思ったことがきっかけです。「家の仕事をお手伝いするお嬢ちゃん」になりたくない!という。。笑
そうこうしている内に、直面する人事の課題の数々に、自社も1つの社会保険労務士事務所とご契約させて頂いて仕事を進めるようになり、よりこの仕事へのイメージが膨らんでいきました。

社会保険労務士/人事コンサルタント業に対してどんな思いを持っていますか?

遣り甲斐があり、また求められている仕事だ!!と思っていて、「人事」という仕事に身をおくことになったことが、とても幸せだったなと常々思っています。
人に関する仕事で、守備範囲が広いのでやれることが尽きません。まだまだお役に立てることがあり、もっともっと我々の力を高めていかなくてはと思う毎日です。 私達が成長して付加価値を高めていけば、間違いなく多くの方に喜んで頂くことができ、そして私達の事務所も絶対に成長出来ると思っています。

仕事をしていて、一番大変なことは何ですか?

たぶんいろいろあるのだと思うのですが・・、スタッフがどんな理由であれ、離職するとなった時が、一番辛い・大変と思う瞬間だなと、今思いました。仕事の調整ということより、心のダメージ(笑)
でも、だからこそ、またもっともっと、スタッフの思いを受け止める場をつくりたい。スタッフのやりたいことを実現できる事務所を創りたいと思い、今は経営にあたっています。

では、一番嬉しい時は、どんな時ですか?

これは、きっと働く人みんながそうなのではないかと思っているのですが、「ありがとう」とか「おかげさまで」「助かった」と感謝のお声を頂いた時ですね。 その「ありがとう」をお客様から直接頂けることを目指すことから、スタッフからもらえることをさらに目指していくのが、経営者として組織として成長していくということなんだろうなと、考えているところです。 でも、やっぱり1人のコンサルタントとしてお客様やそこで働く職員さん達と接するのもとても大好きです。

スタッフにはどういう思いを持っていますか?

仕事もプライベートも全力で突っ走り、一緒に幸せになりたい!です。
そのために、そのフィールドとしてよつば事務所を使って欲しいと思っています。
私個人は、仕事とプライベートの境界線もなく、みんな仲間!と、仕事以外でもイベントをしたり、食事を一緒したりと仲良くしたいタイプなのですが、それぞれの個性もあり、私の年齢が上がってきたこともあり(笑) 少し控えめに過ごしています。一緒にマラソンしたい!と手を挙げてくれるスタッフは絶えず募集中です♪

さいごに、休日はどのように過ごしていますか?

家族と過ごすことが多いです。子供が大きくなってきて、習い事の送迎やイベントが増え、昼は子供達と過ごし、夜は今しかない!と仕事をするので、平日より忙しいかも。。
そんな中でも、朝7時からで近所のカフェで読書するのと、日曜日の夜に子供達を寝かしつけた後マッサージに行くのが、至福の時間です。